体験談

攻略2 「ケータイショップのYさん」後編

某ケータイショップの店員Yさんとの話、攻略2「ケータイショップYさん」の中編からの続きになります!

立ち飲み屋で飲んで足に来るくらい酔ってしまったYさんを難なく連れ出してタクシーにてラブホにGO!!

車中では私にもたれかかるようにしてるYさん、でも寝ちゃったかな~、ここまで酔うとは計算外だな~、こりゃあかんかもしれ…

ん???イヤ・・・

そーっと観察してみると・・・・

なんとまあ。。。寝たフリ( ̄▽ ̄)でございますがな~

酒の勢いで・・・っていう自分自身への言い訳をかますためなんですかね~♪それならコッチとしては騙されてる方が都合がいいっすね~♪

ここまでYさんにはメールでも電話でも度々直前グダをかまされてたので「またグダったらどうすっかな〜」と思ってましたが、これなら問題なさそう(・∀・)ニヤニヤ

ラブホ前に着いて起こしてみる「Yさ~ん、起きて起きて!降りるよ」「あれ?ごめ~ん寝ちゃったみたい…で、どっかに着いたの??

うん、な~んも問題なし!これはいただきっすね( ̄▽ ̄)

「自分はアルコールのせいで思考停止となり、更には今目覚めたばかりで冷静な判断などは出来ないであろう状態です、その結果あなたの誘いのままにこの「ラブホ」という施設に入ろうとしてますがそれはあくまで判断能力低下が招いた結果で決して私の意思ではありません」

うんうん、その考えは尊重しますからね!!(=゚ω゚)ノ

でも「酔ったオンナをホテルに連れ込む」私も犯罪予備軍にはなりたくありません、女性の気持ちをちゃんと確認しない事には人としてのモラルが問われてしまいますね。

なので

「大丈夫大丈夫、とりあえずコッチコッチ!ん?ああそうそう!とりあえず入ろうよ!あ、足元だけ気をつけてね!」と明確な説明の上、転倒防止のエスコートまでしたのでコンプラ的に全く問題ないと思われます。

そしてYさん…ここから本性が剥き出しになりやした。

部屋に入るなり絡みつくキスからのアマアマモードで顔を擦り寄せてきます。

吹っ切れた女は怖いっす「シャワー行こうか」との私の言葉は耳に入らないようなので、仕方ないのでお互い服を脱いでベッドにGO。

いろんなタイプの手マンを駆使してる私に対して、Yさんは独り言のように「スゴイ…」「あ〜…そうなんだ…」と誰と会話してるかわからないセリフが口をついてくるところだけがビミョーに怖かったっす。

おっぱいは乳輪小さめの乳首主張タイプで、カタチもよくて「隠れ巨乳」でした。

ここまでで相当ドエロなのは分かりましたが、私が舐めやすいよう常に顔の前に乳首や足の付け根を持ってくるあたりはポジショニングにこだわるかなりのファンタジスタです。

そして挿入してからは「ねえ!Yのオマ◯コ気持ちいい??」「本当に気持ちいい???」と片時も目線をそらさずに聞いてきます。

そのドエロモードに包まれながら今回はエンディングを迎えました(^▽^)/

一戦後、本当に何事もなかったように振る舞う彼女にノーサイドの精神を見た気がしました(協議が変わっとるがな)

Yさんと会ったのはこのサイトです。

「PCMAX」
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

このブログでは、このPCMAXのピュア掲示板を使って出会ったコ達との体験談を書いていきたいと思います(^^♪

近況は、先月末に一人25才フリーター(Gカップ)のアポをとったんですが、最悪なことに私の仕事の都合で泣く泣くキャンセル。。。以降音信不通。。。それ以来絶不調っす・・・


アダルトブログランキング

アダルトブログランキングへ